中学受験、就職試験、公務員試験などの時事問題対策に

最新時事問題のための基本知識(経済編)

問題(1)平成25年度の名目国内総生産(GDP)額は?

平成25年度の名目国内総生産(GDP)額として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)383兆円
(B)483兆円
(C)583兆円

 

問題(2)平成25年度の労働分配率は?

平成25年度の国民所得に占める雇用者報酬の割合(労働分配率)として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)68.6%
(B)70.6%
(C)72.6%

 

問題(3)平成25年の名目GDPに占める第3次産業の割合は?

平成25年の名目GDPに占める第3次産業の割合として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)74.3%
(B)78.3%
(C)82.3%

 

問題(4)平成25年の貿易相手国上位3ヵ国は?

平成25年の貿易相手国1位から3位(総額の多い順)として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)1.中国、2.米国、3.韓国
(B)1.米国、2.中国、3.韓国
(C)1.中国、2.米国、3.オーストラリア

 

問題(5)平成25年度一般会計予算(歳入)の割合が多い順は?

平成25年度一般会計予算(歳入)での税収に占める割合が多い順として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)消費税→所得税→法人税
(B)法人税→消費税→所得税
(C)所得税→法人税→消費税

【正解】

問題(1)平成25年度の名目国内総生産(GDP)額は?

平成25年度の名目国内総生産(GDP)額として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(B)483兆円

  • 平成25年度の名目国内総生産(GDP)額は483兆円
  • 前年度比は1.8%増で2年連続の前年度比プラス
  • 平成19年度の513兆円以来、500兆円割れが続いている

データ出所:内閣府「平成25年度国民経済計算確報」

 

 

問題(2)平成25年度の労働分配率は?

平成25年度の国民所得に占める雇用者報酬の割合(労働分配率)として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)68.6%

  • 平成25年度の国民所得(要素費用表示)は、前年度比2.9%増の362兆円
  • 国民所得に占める雇用者報酬の割合(労働分配率)は前年度から減少して68.6%
  • ほかの割合は、企業所得が25.1%、財産所得が6.4%

データ出所:内閣府「平成25年度国民経済計算確報」

 

 

問題(3)平成25年の名目GDPに占める第3次産業の割合は?

平成25年の名目GDPに占める第3次産業の割合として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)74.3%

  • 平成25年の名目GDP割合は、第1次産業1.2%、第2次産業24.5%、第3次産業74.3%、
  • 平成12年(2000年)以降、第3次産業の割合はつねに70%〜75%程度となっている
  • 第2次産業の主な内訳は、製造業が18.5%、建設業が5.9%

データ出所:内閣府「平成25年度国民経済計算確報」

 

 

問題(4)平成25年の貿易相手国上位3ヵ国は?

平成25年の貿易相手国1位から3位(総額の多い順)として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)1.中国、2.米国、3.韓国

  • 日本の貿易相手国順位は、平成19年から変わっていない
  • 平成25年の1位中国の割合は20.1%で2位米国は13.1%
  • 選択肢(B)は輸出相手国、(C)は輸入相手国の順位(平成25年)

データ出所:財務省貿易統計

 

 

問題(5)平成25年度一般会計予算(歳入)の割合が多い順は?

平成25年度一般会計予算(歳入)での税収に占める割合が多い順として正しいものを選択肢から選びなさい。

 

(A)消費税→所得税→法人税

  • 平成25年度一般会計予算95.8兆円のうち租税および印紙収入によるものは52.1%
  • 税収の内訳では、消費税が最も多く15.3兆円(一般会計予算の16.0%)
  • 一般会計予算の43.0%は公債金でまかなわれている

データ出所:財務省ホームページ「平成26年度一般会計予算の概要」

広告