就職試験での時事問題対策(2022年編)

就職試験での時事問題対策(2022年編)

就職試験での時事問題対策(2022年編)

就職試験対策として覚えておきたい時事問題(2022年)関連のトピックをまとめました。

 

就職試験対策「2022年の周年トピック」

就職試験で出題されやすい時事問題が周年関連のトピックです。
今年(2022年)で100周年の企業など覚えておきましょう。

 

2022年の主な周年企業
創業100年 旭化成、小学館、東急、江崎グリコ、フジパン、オタフクソース
創業50年 ファナック、メガネドラッグ、小僧寿し、ロッテリア、モスバーガー

「週刊朝日」「サンデー毎日」が創刊されたのも100年前の1922年です。

 

主な出来事
100年前(1922年) ソビエト連邦建国
70年前(1952年) サンフランシスコ平和条約発効
50年前(1972年) 日中国交正常化、札幌オリンピック開催、沖縄返還
30年前(1992年) 地球環境サミット開催(リオ)
20年前(2002年) 日朝首脳会談
10年前(2012年) 復興庁設置、東京スカイツリー開業

 

就職試験対策「現在の大臣一覧」

就職試験を受ける業界の所管大臣を覚えておくことは必須です。
兼務も主なものを表に掲載しましたので、チェックしておいてください。

役職 氏名 主な兼務
内閣総理大臣 岸田文雄
総務大臣 金子恭之
法務大臣 古川禎久
外務大臣 林芳正
財務大臣 鈴木俊一
文部科学大臣 末松信介
厚生労働大臣 後藤茂之
農林水産大臣 金子原二郎
経済産業大臣 萩生田光一 ロシア経済分野協力担当、原子力経済被害担当
国土交通大臣 斉藤鉄夫 水循環政策担当
環境大臣 山口壯 内閣府特命担当大臣(原子力防災)
防衛大臣 岸信夫
内閣官房長官 松野博一 拉致問題担当、ワクチン接種推進担当
デジタル大臣 牧島かれん 行政改革担当
復興大臣 西銘恒三郎 福島原発事故再生総括担当
国家公安委員会委員長 二之湯智 国家公務員制度担当
内閣府特命担当大臣 野田聖子 女性活躍担当、こども政策担当、孤独・孤立対策担当
経済再生担当 山際大志郎 新しい資本主義担当、新型コロナ対策・健康危機管理担当、全世代型社会保障改革担当
経済安全保障担当 小林鷹之
国際博覧会担当 若宮健嗣 デジタル田園都市国家構想担当

堀内詔子ワクチン接種推進担当相が3月31日で辞任し、松野博一内閣官房長官がワクチン担当相を兼務することになりました。

 

就職試験では似たような役割に注意

原子力関連では、原子力経済被害担当は萩生田経済産業相、原子力防災は山口環境相、福島原発事故再生総括担当は西銘復興相が担っています。

 

また、行政改革担当は牧島デジタル相、国家公務員制度担当は二之湯国家公安委員会委員長が兼務しています。

 

そのほかのトピックは下記キンドル本に掲載しています

一問一答で振り返る時事問題(2021年11月〜3月)

2021年11月から2022年3月までに掲載した時事問題を国内ニュース編(23問)、国際ニュース編(27問)、スポーツニュース編(19問)、データ編(21問)に再編集しました。最初に主なニュースについての概要をまとめ、その後に問題を掲載しています。